あゆみ

沿革

1938年(昭和13年) 東京府立第11高等女学校として設立認可。
  仮校舎(中野)で第一回入学式挙行(入学生243名)。
1940年(昭和15年) 現校舎へ移転(職員・生徒約800名)。
1941年(昭和16年) 東京府立桜町高等女学校と改称。校旗・校章制定。
1943年(昭和18年) 第一回卒業生249名、桜友会(同窓会)発会式。
  東京都制施行により校名を東京都立桜町高等女学校と改称。
1947年(昭和22年) 新学制実施。二部(夜間課程)創設。
1948年(昭和23年) 都条例第42号により、東京都立桜町新制高等学校と改称。
  現校歌・校章制定。
1949年(昭和24年) 男女共学実施。
1950年(昭和25年) 東京都立桜町高等学校と改称。
1957年(昭和32年) 理科教室および家庭科食物教室増築完成。
1961年(昭和36年) 北校舎(木造)一部焼失。
1963年(昭和38年) 鉄筋校舎改築第1期工事(北校舎)完了。
1965年(昭和40年) 鉄筋校舎改築第2期工事完了。
  校外施設として大町市に鹿島槍桜町荘設立
1967年(昭和42年) 学校群制度による新一年生入学。
  グラウンド照明完成。
1970年(昭和45年) 鉄筋校舎改築第3期工事(北校舎)完了。
  図書館一部焼失
1971年(昭和46年) 鉄筋校舎改築第4期工事(南校舎)完了。
1972年(昭和47年) 鉄筋校舎改築第5期工事完了。体育館・食堂工事完了。
1975年(昭和50年) プール工事完成。
1980年(昭和55年) 体育館内に柔道室・剣道室・トレーニング室竣工。
  北京第二十六ワイブン高級中学校間で、友好校提携を行うと公式に合意。
1981年(昭和56年) 理科(地学)特別教室竣工。生徒会館を取り壊し、跡地に日中友好記念小公園を造園。
  学校群制度廃止。新たに学校グループ制度が発足。
1982年(昭和57年) 学校グループ制度による新一年生が入学。
1984年(昭和59年) 北京市青年友好の船「訪日団員」約60名、本校を訪問。生徒間の交流歓迎集会開催。
1991年(平成3年) 新校舎第1期工事(校舎棟)、第2期工事(体育館他)完成。
1992年(平成4年) 新校舎第3期工事(グラウンド他)完成。
  新校舎(現校舎)落成記念式典挙行。
1994年(平成6年) 制服改定(森英恵デザイン)。
2001年(平成13年) 制服改定(現制服)。
  学校完全週5日制実施。
2002年(平成14年) 南棟4階に多目的教室改築竣工。
2003年(平成15年) 学区制撤廃による新一年生入学。入学者選抜「男女別定員制緩和対象校」となる。
2004年(平成16年) 北京ワイブン中学校と北京第八十中学校の高校生一行が友好交流のため訪問。
2005年(平成17年) 世田谷区立深沢中学校と中高連携教育推進に係る協定締結。
  文化・スポーツ等特別推薦導入(英語、野球、女子バレー、吹奏楽)。
  屋上校名看板、多目的室、自習室改修工事。
2005年(平成17年) 世田谷区立深沢中学校と中高連携教育推進に係る協定締結。
2008年(平成20年) 創立70周年記念式典挙行。北京ワイブン中学の高校生合唱団一行が友好交流のために訪問。
2018年(平成30年) 創立80周年記念式典挙行。

参照: 東京都立桜町高等学校公式サイト 、都立桜町高校50年史「桜町五十年」

2021年10月更新

© 2021 桜友会